成功する転職×失敗する転職 あなたは会計(税理士)事務所に何を望みますか?

  • 給与編
  • 福利厚生編
  • キャリアパス編
  • キャリアプラン編
  • 有給休暇編

給与編‐なんだかんだ言ってお金は大事!‐

あなたは会計(税理士)事務所の平均年収をご存知ですか?
会計(税理士)事務所の平均年収は約480万円と言われています。あなたはこの平均年収を高いと思いますか?安いと思いますか?

税理士法人松岡会計事務所の全社員の平均年収は630万円超(令和4年度末)となっています。そして、この平均年収を今後700万円まで上げることを公言しています。

確かに世の中には様々な会計(税理士)事務所があり、年収が高い事務所は他にもあるかもしれません。しかし、残業や休日出勤が多ければ高くなるのは当然です。
税理士法人松岡会計事務所が目指すのは『労働生産性・日本一の会計事務所』です。
つまり、年収が高いのに、残業が少ない『一時間あたりの給与が最も高い事務所』を目指しています。

給与(A)

税理士法人松岡会計事務所で働いている所員の中には税理士でなくとも年収1,000万円を超える人が何人もいます。ですので、新卒や転職未経験者で税理士法人松岡会計事務所に入社し定年(65歳)まで勤めた場合、税理士でなくても年収1,000万を超えることは十分可能です。

また、担当件数30件(もしくは月1件相続申告)を目安に年収400万円を保証しているので、入社して3年足らずでこの目標を達成する新入社員や転職未経験者も稀ではありません。
さらに、税理士の場合“最低”年収500万円以上を保証しており、実力次第では30代で年収1,000万円を超えることも夢ではありません。※資格支援に関しては別途手当もあります。

給与制度

労働時間(B)

税理士法人松岡会計事務所では『確定申告期残業0を目指そう!』というスローガンを掲げています。
ご存知の通り、確定申告期は会計(税理士)事務所が1年で最も忙しい時期です。その確定申告期に残業せずに帰れるくらい効率的に仕事をこなす(ムダの体脂肪率0にする)ことを目標にしています。

実際、確定申告期を含む1月~3月の全社員の平均残業時間を集計したところ、月20時間でした。ということは1日1時間未満ということになります。
当然、土日祝は年間通じて完全休日ですし、仕事が忙しくやむなく休日出勤した場合は“時間単位”で振替休日が付与されます。ここまで残業が少ない会計事務所は他にないのではないでしょうか。

労働生産性(A÷B)

上記のように給与は高いのに、労働時間は短い会計事務所を目指すことで『労働生産性・日本一の会計事務所』が実現できると考えています。

松岡会計の社員 松岡会計の社員

『働くときはしっかり働き、遊ぶときは思いっきり遊びましょう!』

福利厚生編‐社員満足度を最大化するための福利厚生!‐

例えば、慰安旅行や飲み会というと若い子は「正直めんどくさいなぁ~」と感じる人も多いのではないでしょうか?しかし働く上でのストレスランキングでは『人間関係』がダントツの一位。そして、人間関係の改善にはコミュニケーションが必要です。

税理士法人松岡会計事務所では、人間関係をよくするための取り組みを数多く行っています。

慰安旅行

慰安旅行は毎年全員参加できます。国内旅行の場合、候補地を投票制で決めて、現地の一番いいホテルや旅館に宿泊し、様々なイベントを企画します。
また3年に1回は海外旅行!ハワイやグアム、韓国、台湾などプライベートでは滅多に行けないような豪華プランを楽しみながら絆が一気に深まっていくと大好評です。

慰安旅行 慰安旅行 慰安旅行 慰安旅行

飲み会・慰労会

松岡会計では打ち上げや飲み会に関しても様々なサポート制度があります。
確定申告などの繁忙期後の打ち上げはもちろん、『若手会』では月1回事務所負担で豪華な飲み会を企画しており、20代を中心に上司抜きでコミュニケーションを図っています。

また、忘年会では総額70万の豪華景品(ダイソンや任天堂スイッチなど)をかけたビンゴ大会で毎年大盛り上がり!上下関係のない社風作りの象徴です。

飲み会 飲み会 飲み会

クラブ活動・共済会

松岡会計では様々なクラブ活動を支援しており、ルールとして5人以上集まれば部活として認定され、一人5,000円の補助が出るようになっています。

今ある部活動で活発なのは『サッカー部』、『キャンプ部』、『阪神応援団』などで、それぞれ趣味の合う仲間が集まり仕事外でもコミュニケーションが深められるように支援しています。

またゴルフに関しては事務所の隣に専用練習場もあり、共済費の3倍を目安に全国の有名コースでプレイできるので、ゴルフ好きには最高の環境が整っています。

サッカー部 キャンプ部 阪神応援部

キャリアパス編‐仕事内容とスタイルを選択できる安心感!‐

就職(転職)は人生を左右する分岐点。就職や転職後に『思っていた仕事と違うなぁ…』とならないために、会計(税理士)事務所が本当に自分の適性に合った仕事か把握することはとても大切です。

会計(税理士)事務所といえば、顧問先の決算書を作成したり、税金の計算をしたりするという“事務職”というイメージもあるのではないでしょうか?しかし、実際は顧問先(多くは社長)とのコミュニケーション力が求められる職業で、就職後にイメージギャップに悩む人がいるのも事実です。

適正にあった仕事だから頑張れる

誰しも「趣味に没頭して時間を忘れた…」という経験があるのではないでしょうか?
もし、それが仕事で、夢中で仕事をしていて気づいたら「もう帰る時間だ…」それぐらい仕事が好きになれれば毎日が楽しいですよね?

人は自分の適性にあった(夢中になれる)仕事と出会うことで“水を得た魚”のように最大限のパフォーマンスを発揮できる。それが松岡会計事務所の仕事に対する基本的な考え方です。
ですから、松岡会計事務所では代表と一緒に1年以上かけて、自分の適正にあった仕事を見つけていきます。

趣味のように仕事を楽しめるのが理想!!

仕事のスタイル=得意なことをとことん極める

例えば、勉強や申告書の作成が好きなタイプ(インドア派)や、社長と話したり営業したりするのが好きなタイプ(アウトドア派)など、仕事のスタイルは人それぞれです。

そこで、松岡会計事務所ではインドア派とアウトドア派がタッグを組み、それぞれの強みを生かすようにしています。例えば、インドア派が計画書や申告書を作成し、アウトドア派がそれを持って行って提案や営業をするなどチームとして仕事をしています。

「総合病院のように専門性の高い人間がチームとして仕事をすることで、深く広いサービスを提供する」という経営指針が松岡会計にはあります。1人1人が得意分野で専門性を極め、チームとして仕事をした方が全体としては効率的で、パフォーマンスも上がります。

仕事の内容=選択肢は多いほうがいい

仕事内容の選択肢も多種多様です。法人や個人の税務会計が基本ですが、相続や事業承継を行う「資産税部」、様々な提案を行う「コンサルティング部」など他にも選択肢はあります。

もし、小規模の事務所だと法人や個人の税務会計がメインで、その仕事内容が自分の性に合わなければ他に選択肢はありません。それが、松岡会計なら「資産税部で相続税の申告書を作成するのに特化する」など、自分に合った仕事内容を見つけることが可能です。

キャリアパス図

未来予想図があるから安心できる

また、将来は自分の適性に合った仕事スタイルや仕事内容で専門性を磨きながら、どのような方向に進んでいきたいか選択することもできます。税理士になって支店長になる、管理者能力を発揮して幹部(部長以上)になる、営業能力を生かして年収1,000万円を目指すなど、それぞれの能力に応じたキャリアアップが可能です。

キャリアプラン

有給休暇編‐休む時は思いっきり休もう!‐

会計(税理士)事務所=仕事がきつく残業が多い、そんなブラックなイメージをお持ちの人も多いのではないでしょうか?松岡会計事務所はそんな会計事務所のイメージを変えていきたいと思っています。実際に行っている松岡会計事務所の取り組みをご紹介します!

 

勤怠制度

休暇制度

一般的な会計(税理士)事務所といえば、確定申告期は終電近くまで働くのが当たり前、それがこの業界の常識でした。特に税理士を目指している受験生にとって、働きながら勉強時間を確保できるかどうかは重要な問題ですよね。
松岡会計なら入社1年後は残業禁止、確定申告期も平日以外は全て休み、試験前は最大5日間休めるので、仕事と勉強の両立が可能です。事実、令和に入ってからほぼ毎年税理士合格者を出し続けています。

  • 藤井伸行
  • 石井峻介
  • 奥谷航平
  • 西原健二
税理士合格体験談 参照
まずはエントリーしてみる!
お電話での
受付はこちら

税理士法人 松岡会計事務所 採用担当:藤井

TEL:072-994-7605

PAGE TOP