TRAINING

仕事量を平準化する班会議

松岡会計では毎週月曜日に班会議を行い、余裕度を把握「余裕のない人」の仕事を「余裕のある人」が受けるようにトップダウンで指示を出し、誰か一人に仕事が集中しないように配慮しています。まさに「ONE for ALL」「ALL for ONE」の精神、去年も確定申告期にインフルエンザにかかった子の為に、全員で分担してその子の確定申告業務を行いました。 これは、常にコミュニケーションをとり、仲がいい事務所ならではの光景ではないでしょうか。

知識仕入れの為の朝礼

松岡会計では毎朝30分の「朝礼」を行っています。 朝礼では5分間スピーチ、税務調査や難易度の高い事案の報告、最新の税務情報誌の朗読を行います。 そうすることで、一人一人の事を全員が知る、先輩の知識や経験を共有する、最新税務の勉強をするという3つの目的を達成できます。 人生は習慣の織物という言葉がありますが、こうした積み重ねが、チームワークを強め、事務所全体の知識の底上げにつながっているのです。

充実した研修制度

税理士業は知的専門職です。商業でいう「仕入れ」は知識そのもの。 ですから外部・内部における研修制度は非常に充実しています。 例えば1回5万円以上する有料セミナーでも、必要であれば何度でも受講することができます。また、最近は先輩が後輩の為に自主的に勉強会を開く景色もよく見かけるようになりました。 こうした制度は未経験者や新人から「本当に助かります」と好評です。

学べる専門知識

松岡会計では一人一人が専門分野を持つように指導しています。 専門性を極めることは、その本人の社内・社外における存在価値を高め、事務所全体が提供するサービスの質を深めます。そうした専門家がチームとして仕事をすることで「総合病院のような深く広いサービス」が提供できるのです。 はじめは自分の適性はわからないと思いますが、松岡会計には多種多様な仕事があるので、必ず自分に合った専門分野を見つけることができます。 やりがいを感じる仕事をすることで、人は真価を発揮し、その結果として事務所は成長できるのです。

まずはエントリーしてみる!

PAGE TOP